デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 10:30~17:00(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

基本の構図2  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!撮影テクニック編 / 基本の構図4

基本の構図4Basic Composition 4

カメラを覗いて撮りたい画の「撮影範囲」「撮影後にトリミングしようと思う範囲」を決めることを「フレーミング」といいます。魅力的な写真を撮るには「フレーミング」がとても重要になり、カメラマンのセンスで被写体と背景の収め方を決めます。一番大切なのは、人であれ景色であれ「写真の主役」が一目でわかるようにすることです。
写真の主役が一目でわかり、そして主役を引き立てる。そのために必要な魅力的な構図をご紹介します。

四分割法

三分割法の応用編が四分割法です。画面を四分割して交わる点に被写体や背景の線を配置させることで感覚的に美しく見せることができます。かなり計算しないと撮れない構図ですので、慣れるまではグリッドラインを表示して撮影するとことをおすすめします。

トンネル構図

被写体のある中央部分や見せたい箇所に視線を誘導するための構図です。被写体をトンネル内に配置してヒキで撮影したり、周囲を暗くするなどして上手くトンネル構図を作り上げます。

視線誘導構図

放射構図と原理的には同じですが、視線誘導構図は曲線の表現で、平行ではない線も1つの点(消失点)に向かって消えていきます。意図的に消失点をつくることで視線が誘導され、写真全体からストーリーが感じられるようになります。

被写体を大胆に端におく

被写体の視線先にある背景の美しさを見せるように被写体を端に配置して大きなスペースをつくります。スペースを作ることで、動きの無い被写体もまるで意思を持っているかのように写真の主役になります。

【応用編】構図を組み合わせる
基本の構図1〜4にあるさまざま構図で狙った写真が撮影できるようになれば、構図を組み合わせてみてください。
さらに魅力的な写真や印象的な写真を撮ることができるでしょう。

これまであまり構図を意識していなかった方も、色んな構図での撮影にチャレンジしてみて下さい。きっと今までとはひと味違った素敵な写真が撮れて、もっと写真撮影が好きになるのではないでしょうか。

ハワイフォトレッスンではプロのカメラマンになりたい方のための「マンツーマンレッスン」を随時開講しております。3日間集中コース、5日間短期コース、1か月基礎コースの中からお選びください。実践を中心に写真撮影テクニックを学んでいただきます。ハワイのブライダルフォトグラファーにご興味のある方は参加してみませんか?

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.