デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 10:30~17:00(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

基本の構図  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!撮影テクニック編 / 基本の構図

基本の構図Basic Composition

素敵だなと感じる写真には、構図がきちんと当てはまる写真が多いのは事実。プロの写真は構図を考えて撮影していますので、素敵な写真が多いのも納得です。構図を意識するとより良い写真が撮影できます。良い写真は構図から!写真撮影に使えるテクニック、基本の構図をお伝えします。
ハワイでフォトレッスン!レッスン後の自分の撮った写真に驚くはず。写真の上達法は、まずは写真をたくさん撮ることです。

構図とは

構図とは

センス良く撮影するにはバランスが必要です。被写体をおく位置と他要素をいろいろに組み合わせることで、写真に美的効果を出す手段が構図です。
これは絵画にも共通して言えることです。基本さえマスターしてしまえば、バランスのよい写真は誰にでも撮影できてしまいます。
日常を切り取る写真でも構図を考えることで、感動的で迫力ある写真に仕上がります。ハワイのようなどこにカメラを向けても非日常であふれている場所なら被写体は選び放題。たくさん写真を撮影しフォトレッスンで構図の感覚をつかみましょう。

三分割法

三分割法

カメラの構図の中で最も基本的な三分割法は最も使える構図のひとつといえます。三分割法とは、画面の縦と横をそれぞれ三分割し、被写体となる物・人物を線上または線と線が重なる交点に配置する考え方です。撮影する時にファインダーを覗き、被写体を真ん中から少しずらすようにして撮影をしていくと練習になるでしょう。
最近のデジカメやスマートフォンには画面を三つに分割してグリッドラインを表示する機能を持つカメラアプリがあります。使ってみるのはいかがでしょうか?
田んぼと空の田園風景や高い位置から撮る街と空の写真を撮るときにこの構図を意識すると写真がしまります。

二分割法(シンメトリー構図)

二分割法(シンメトリー構図)

整った印象を与えることが出来る構図です。左右上下がほぼ対象なので分かりやすく安定感があります。シンメトリーな建物(お寺・鳥居等)や風景写真を撮影するときにはこの二分割法がベストです。水面に写った被写体をシンメトリー構図で写すというテクニックもよく使われますのでハワイのフォトレッスンの実践で試してみてくださいね。注意点は水平線が斜めにならないように気をつけること。二分割法で傾いている写真はどことなく不自然な感じを受けます。

アルファベット構図

アルファベット構図

SやCなどのラインを意識して被写体を配置する構図です。ハワイのカフェで料理などを撮るときに使えるテクニックです。お皿に盛り付けられた料理を撮影する場合は、お皿全体を撮影するのより、全体の一部分切り取ることで雰囲気のある写真が撮れます。

まずは気に入った構図を練習してみましょう。すると自然と構図の取り方が身についてきます。自分で撮影した写真を見返した時に良い写真が増えていることでしょう。きちんと意識して、限られたハワイフォトレッスンの撮影時間を有効なものにしましょう!

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.