デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 11:00〜17:30(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

逆光での写真の撮り方  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!撮影テクニック編 / 逆光での写真の撮り方

逆光での写真の撮り方Backlight

日差しの強いハワイ!撮りたい被写体はたくさんあるがどうしても逆光になってしまう!そんな時に覚えておくと便利な逆光での写真撮影テクニックをご紹介しましょう。
ハワイフォトレッスンで細かいテクニックを学んだら次のステップは実践です。ハワイの街並、美しい海を写真撮影で思い出と共に奇麗に残しましょう。

フォトジェニック!ハワイ

フォトジェニック!ハワイ

海、空、カラフルな街並み、南国感漂う海岸沿いの道。どこにカメラを向けても被写体になる瞬間に遭遇するハワイ。
ハワイウェディングでビーチフォトをされている方もよく見かけます。
ハワイのお天気は一年を通じて日差しが強いです。
よく焼けますのでフォトシューティング中の日焼け対策は必須です。
撮影する時間帯によっては直射日光が強すぎて、写真の色味が少なく色あせたものになります。
また、コントラストが強くなりすぎる点もいい写真を残したいならばおすすめしません。
おすすめ時間帯は「マジックアワー」と呼ばれる夜明け直前と夕暮れの日没後すぐ。
この2つの時間帯です。

逆光とは

逆光とは

逆光とは、カメラのレンズに向かって太陽の光もしくは光源が差し込んでくる状況のことを指します。
太陽の光のように直接レンズに光が入らなくても、レンズを向けている側に光源がある場合も、逆光の状況といいます。
逆光で写真を撮ると、光が前から差し込んでくるので被写体が影になって暗く写ることが多いところから写真撮影には適していない状況と言われます。

使えるシーン

使えるシーン

一般的に逆光と言うと顔が暗く映って撮影はできないと思われがちですが、実はドラマチックな雰囲気を持つ写真が撮れます。
また、太陽を背にすることで被写体が人物の場合順光時のような眩しそうな顔にならないというメリットもあります。
被写体がハワイのフォトジェニックなお料理の場合、逆光で撮影することによって被写体にみずみずしい感じが出たり、つやつや感が出たりして美味しそうな写真を撮ることができます。
ハワイのフードトラックで購入したガーリックシュリンプを美味しそうに写真撮影!
いい思い出になります。

対象物が暗く映る

対象物が暗く映る

逆光で一番困るのは被写体が暗くなってしまうこと。
カメラは光が強いと自動で判断し写真を暗くしてしまうことからこの現象が起こります。
これを解消する方法としてフラッシュを使用して写真撮影する方法があります。
カメラのオート機能で撮影をしていると逆光の場面で、フラッシュが発光されないことがあります。
逆光の時の写真撮影時には設定を強制発光モードに設定します。
フラッシュを使うことで暗く写っていた被写体が照らされてきれいに見えるように写ります。
フラッシュの明るさを抑えて撮りたいというような場合には絞り値を変更させることで写り具合を調整できます。

逆光を活かすテクニック

逆光を活かすテクニック

ハワイでの写真撮影時に逆光を活かしてふんわりとした雰囲気の柔らかい写真を撮るテクニックがあります。
やり方はとても簡単で、逆光の状態で「露出補正」をプラスにするだけ!
こうすることで被写体がふんわりと写り、味のある写真が撮れます。
露出をプラスにする際は一つずつプラスにしていくことで違った表情の写真が撮れますので是非お試しください。

この情報は変更することがありますのでご注意ください。

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.