デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 10:30~17:00(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

マクロ機能を使ってみよう  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!撮影テクニック編 / マクロ機能を使ってみよう

マクロ機能を使ってみようMacro Function

ハワイと言えば、青い海、輝くサンセット、美しい夜景、楽しい観光地。
そして、忘れてはいけないのが、色鮮やかな花たちです。ハワイでは、あちこちで美しい花が咲き誇っています。
今回は花をテーマに撮影してみましょう。

マクロモードを使ってみよう!

マクロモードを使ってみよう!

マクロモードに設定します。大半のデジタルカメラは「チューリップの花」がアイコンになっています。
次に、カメラがどこまで被写体に接近出来るのか確認しましょう。
一般的なコンパクトデジタルカメラですと、30cmくらいまでしか近付く事が出来ません。それ以上近付くと、ピントが合わなくなってしまいます。
ズーム機能をワイドにすると先ほどよりもさらに近寄る事が出来ます。
花を撮る際は写真に写る角度を狭くするために画角を望遠側に合わせます。そうすると、被写体である花と背景がはっきりと分かれて見えるようになります。
どうしても、もっとアップにして撮りたいと思うのなら、虫眼鏡を使って撮影する方法もあります。その時、小さい虫眼鏡だと、画像にゆがみが出てしまう事がありますので、大きな虫眼鏡を選んで撮影しましょう。
虫眼鏡には、プラスチックの物とガラスの物があります。プラスチックは傷が付きやすいので、ガラス製の物を使うようにしましょう。

デジタル一眼レフの場合は・・・

デジタル一眼レフの場合は・・・

デジタル一眼レフを使用している場合は、クローズアップレンズやマクロレンズを使えば、近付いてもピントをきれいに合わせる事が出来ます。クローズアップレンズは近付いて、マクロレンズはクローズアップレンズよりも少し離れて撮るときれいに写ります。
望遠レンズで遠くからズームにして写す方法もあります。
それぞれの撮り方によって印象が違ってきますので、全てのレンズを持っている方は撮り比べてみて下さい。

ハイビスカスの花を撮ってみよう!

ハイビスカスの花を撮ってみよう!

ハワイには色々な花が咲いていますが、やはりハワイと言えば、ハイビスカスのイメージが強いと思います。
ハイビスカスの花は、花びらとおしべの色が違うため、コントラストが強くなり、ピントを合わせやすくなります。
太陽の日差しを受けて咲くハイビスカスの花は、色鮮やかで、葉の所は黒く写る事もありますが、気になるほどではありません。また、花が日陰に入ると、全体的に柔らかな印象の写真となり、こちらも素敵です。

露出やホワイトバランスを触ってみよう!

露出やホワイトバランスを触ってみよう!

花が暗く写ったり明るくなりすぎたりして気になる時は、露出補正を使う方法もあります。
露出補正は、たいていのカメラでは【+/−】のような表示になっています。
撮影した画像を明るくしたい場合はプラス側に。逆に暗くしたい場合はマイナス側に調節します。
面倒でなければ、露出を変えて撮り、その違いを楽しんでみて下さい。
細かく微調整をしながら、どの程度に合わせたら良いのかベストと思える露出を探してみましょう。
また、花の色が思った色と違う場合は、ホワイトバランスを調節しましょう。「晴れ」「くもり」など、触ってみて下さい。これだけで随分と印象が変わりませんか?まぶしくてモニターが見えにくい場合は、色々な設定に変えたものをその都度撮影しておきましょう。

構図を考えよう!

構図を考えよう!

ハイビスカスの花に限らず、植物を撮っていると、他の葉や木があり、何となくごちゃごちゃしてうるさい感じのする写真が撮れてしまう事もあります。
そんな時は、他の構図を考えてみましょう。
反対側に周ったり、下からあおり気味に写真を撮ってみたり、ちょっと手間をかけてみると、印象深い写真が撮れる事もあります。
色々な角度や光線から見て、少し引いてみたり、ズームの設定を変えてみたり、工夫しながら撮影をしましょう。

マクロモード撮影のポイント

手ブレに注意

手ブレに注意

被写体に近付けば近付くほど、手ブレを起こす可能性が高くなります。
ピントを合わせたら、両脇をしめてカメラをしっかり構えて下さい。
肘を胸に付けて、足をやや前後に開いて立つと上半身が安定します。
低い姿勢で撮影する場合は、地面に片膝をつき、もう片方の膝の上に肘を乗せると安定します。

ピンボケに注意

ピンボケに注意

マクロモードは、ピントの合う範囲が狭くなり、ピンボケする確率が高くなります。
ピントを合わせるのが難しい場合は、コントラストがはっきりしたものを被写体と同じ場所に置き、ピントを合わせましょう。
腕時計を付けている場合は、左腕を被写体に伸ばして腕時計にピントを合わせて調節出来ます。

被写体のブレに注意

風で花が揺れると、小さな揺れでもピントが合わず、被写体がブレてしまう事がよくあります。左手で茎を押さえて片手でシャッターを切るようにしましょう。
明るい場所ですとモニターが見え辛い場合が多いので、何枚も撮影しましょう。

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.