デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 10:30~17:00(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

三脚の選び方  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!撮影機材編 / 三脚の選び方

三脚の選び方 Choice The Tripods

写真撮影の機材の一つとしてなくてはならないのが三脚です。カメラを固定することにより手持ちで撮影する際に生じるぶれを防いだり、リモコンやセルフタイマーを使って撮影者本人も写真に写り込んだりすることを可能とします。安いものから高額のものまである三脚ですが、目的や持っているカメラに合ったものを選んで使いこなしましょう。

三脚を使うシーンとは

三脚を使うシーンとは

三脚を使う場面として思い浮かぶのが集合写真ではないでしょうか。修学旅行や結婚式の際など、三脚の上に置かれたカメラで集合写真を撮られた記憶は誰にでもあるはずです。
カメラを三脚に固定することにより手ぶれを防ぎ、光量が足りない室内や夜でもピントが合った綺麗な写真を撮ることが出来ます。美しい夜景を撮りたい時や記念写真にご自分を写す時にも活躍します。また子供の運動会や発表会など、決められた場所から最高の一枚を撮りたいときにも三脚が活躍します。
三脚を使って撮影する際には基本的にセルフタイマー機能を用いますが、レリーズ(短いケーブルでカメラに繋がれたシャッタースイッチ)やリモコンがあると便利です。

三脚選びのポイント

三脚を新しく購入する際には注意したいポイントがいくつかあります。

価格で選ぶ

価格で選ぶ

三脚の価格はかなり幅広く、3千円程度のものから数万円の高級モデルまで素材や軽さ・質によって様々です。ほとんど三脚を使う予定がない場合にはリーズナブルなもので十分ですが、旅行に持って行く場合や今後使用が増えそうな場合にはしっかりとしたものを購入しておくといいでしょう。安いから質が悪い、高いから使いやすいというわけではありません。予算内で使う目的に応じたものを選ぶようにしましょう。

三脚のスペック・機能で選ぶ

カメラを固定ししっかりと支えるのが三脚の役割ですが、より使いやすく撮影しやすい機能を見て選ぶことも大切です。

段数

切り替え可能な段数を示します。撮影シーンや被写体によって使い分けます。

重さ

当然軽い物の方が持ち運びには便利ですが、安定感が損なわれる面もあります。夜景や天体撮影などの長時間撮影の場合には風による影響も考えられるため、ある程度重さがある三脚が安心です。

高さ

畳んだ状態の大きさだけでなく、最大に伸ばした際の長さについてもチェックしましょう。

耐荷重

三脚に載せるカメラの重さだけでなく、使用するレンズの重さも含めて計算します。望遠レンズや大きなズームレンズを使う場合には搭載可能重量が大きな三脚を選びましょう。

三脚に適した素材

三脚に適した素材

カメラ専門店や家電量販店に行くと様々な三脚があるためどれを選べばいいのか迷ってしまいますが、購入する際のひとつの目安となるのが素材です。多くのメーカーから発売されているアルミ製は幅広い価格帯が魅力です。
人気のカーボンファイバー製はやや高額になりますが、質感が良く丈夫で軽いため持ち運びにも便利で人気です。三脚をどの程度使うのか、どういったシーンで使うのかを考えて選ぶようにしましょう。

別売りの雲台を使う

雲台(うんだい)とは三脚にカメラを固定し、自由に動かすための台のことを指します。中級クラス以上の三脚の場合には雲台が別売りになっているものも多く、被写体やシーンに合わせて雲台を選ぶことでより撮影しやすくなります。

自由雲台

自由雲台

球状になった部分を動かすことが出来るため、カメラを自由な方向へ向けることが可能です。運動会や野鳥・ペット撮影、近距離のマクロ撮影などに向いています。稼働区域が広い反面水平に保ちにくいため、集合写真や風景写真を撮る際には注意が必要です。ボールヘッドやボール雲台とも呼ばれます。

パンハンドル雲台

ハンドルが2本ついており、それぞれ水平・垂直方向に動かすことが出来る雲台です。調節がしやすいため風景・望遠写真に向いています。3WAY雲台またはパンヘッド雲台とも呼ばれます。

コンパクトデジタルカメラにも三脚を

小さなコンパクトデジカメの場合には三脚は必要ないと考える方もいらっしゃいますが、軽く小さなカメラほど手ぶれの影響を受けやすいものです。とっておきの一枚を撮る際には三脚を使うことをおすすめします。コンパクトデジカメ用の三脚は小さく軽いものが多いため持ち運びも簡単です。脚を曲げて柱などに固定して使えるものや卓上に置いて使えるものなど、バリエーション豊かな商品が揃っています。

番外編・一脚について

三脚は知っていても一脚は知らないという方も多いのではないでしょうか。一脚はその名前のとおり、三脚と違い脚が一本だけのものです。そのためカメラを固定して自立することは出来ませんが、手持ちよりも安定するため持っていると何かと便利なグッズでもあります。三脚よりも軽く、折りたたみの手間が減るため機動性に優れているという利点もあります。使用する際にはしっかりと手で支えて水平を保つことを意識しましょう。

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.