デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 10:30~17:00(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

レンズの選び方  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!撮影機材編 / レンズの選び方

レンズの選び方 Choose The Lens

デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼レフカメラの魅力の1つと言えば、レンズを交換出来ること。
いろいろなレンズがあれば、自分のイメージに近い画像、コンパクトデジタルカメラには撮影出来ない画像を撮影することが出来ます。デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼レフカメラを購入し、その周辺の小物を一通り揃えても、更にレンズを買い足したくなるのではないでしょうか。
カメラのレンズは、種類もさまざま。たくさんあって、どれを購入して良いのか迷ってしまいますよね。ここでは、レンズの選び方のコツをご紹介致します。ハワイで撮影する際の、カメラのレンズ選びのご参考になれば幸いです。

焦点距離での選び方

焦点距離での選び方

焦点距離とは、レンズとカメラの撮像素子の距離のことを指します。焦点距離が小さいほど広い範囲を撮影することが出来(広角レンズ)、大きいほど被写体にズームインして撮影することが出来ます(望遠レンズ)。焦点距離が変わらないレンズのことを単焦点レンズと呼び、焦点距離を変えることが出来るレンズをズームレンズと呼びます。
レンズの交換を出来るだけ少なくしたいのであれば、1本で焦点距離を変えられるズームレンズがおすすめ。近くのものも遠くのものも撮影することが出来ます。しかし、高性能かつ汎用性にも優れたズームレンズとなると、それなりに値段がはるので、購入前に充分に検討するのが良いかも知れません。
単焦点レンズは、撮影シーンによっては交換が必要となります。交換用のレンズを持ち歩くため、やや荷物がかさばってしまいます。ただ、単焦点レンズは比較的安価で手に入ることや、光を多く取り入れることが出来るということ、単焦点レンズのほうが1つ1つの性能が高いということから、臨場感のあるハワイの画像を撮影したい方におすすめです。

F値での選び方

F値とは、絞りの大きさを表したものです。絞りは、レンズに通す光の量をコントロールするためのもので、絞りを絞る(F値を大きくする)とレンズに通る光の量は減り、絞りを開放する(F値を小さくする)とたくさんの光がレンズに通るようになります。
ポートレートのように、被写体にピントを合わせ背景をぼかして撮影したいという場合は、F値が小さいレンズを選ぶのがポイント。背景のシャープさはなくなりますが、被写体が際立った画像になります。また、レンズに光がたくさん通ることで、暗い場所での撮影にも耐えます。逆に、被写体も背景もくっきり写したい場合は、F値が大きいレンズで。ハワイの風景を撮影するのにも向いています。

レンズの種類

カメラのレンズは大まかに分けると、標準レンズ、広角レンズ、望遠レンズの3種類です。

標準レンズ

標準レンズは人間の肉眼に最も近く、使い勝手が良いレンズです。自然な雰囲気の写真を撮影するのにピッタリ。標準レンズは、F値が小さくて比較的安価なものを見つけやすい傾向です。ハワイでの撮影のみに限らず、デジタル一眼レフカメラを使うなら1本は持っておきたい必需品と言えるでしょう。

広角レンズ

広角レンズ

広角レンズは、広い範囲を撮影することが出来るレンズ。ハワイの広い風景を写真に収めたい場合などに役に立つレンズです。広角レンズは、広い範囲を写すことが出来ると同時に、奥までピントが合うというのも特徴。奥行きや高さのある景色を撮影するときに活躍します。

望遠レンズ

望遠レンズ

遠くの被写体を撮影するときや、被写体に近づけない場合などに望遠レンズは活躍します。実際には遠くにある被写体が、近くで撮影したような写真が撮れます。ただし、望遠レンズには奥行きが平坦になるという特徴があります。この特徴を好まない人もいますが、写真ならではの表現ということで楽しむのも、撮影の面白さではないでしょうか。

このほか、撮影出来る距離が上記のレンズと異なるものや、面白い効果を狙ったレンズもあります。

マクロレンズ

マクロレンズ

小さな被写体に接近して撮影するときには、マクロレンズを使います。ほかのレンズではピントが合わない近い距離でも、マクロレンズなら大丈夫。花や雑貨の撮影などに向いています。マクロ撮影の機能が付いているカメラもあり、マクロレンズの代わりとして使える場合もあります。一般的に旅先で頻繁に使うレンズでは無いですが、ハワイ旅行で使いたいという方は、ぜひバッグに入れて行ってあげて下さい。

魚眼レンズ

魚眼レンズ

魚眼レンズは、ドアの覗き穴から覗いたときのような見え方になります。中心が大きく写り、周りの景色がまるく歪むのが特徴。鼻がとても大きくなり、愛嬌のある顔で写っている動物の写真を見たことがあるかと思いますが、そういった効果が出るのが魚眼レンズです。カメラに魚眼レンズの機能が付いている場合があります。水中対応のカメラなら、魚の眼の見え方で写真が撮れて面白いかも?

レンズの選び方の注意

レンズの選び方の注意

レンズはどのカメラにも合うというわけではありません。デジタル一眼レフカメラのレンズとミラーレス一眼レフのレンズは、大きさが異なるため合いませんし、デジタル一眼レフカメラ同士でも、メーカーが異なれば合わない場合もあります。レンズを選ぶ際には、機能面だけでなく大きさやメーカーのチェックもお忘れなく。(※マウントアダプターやステップアップリングなどを使用することで、他社製のレンズが使えるケースもありますが、カメラ初心者はまず純正のレンズを使うことをおすすめ致します。)

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.