デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 10:30~17:00(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

コンパクトと一眼レフとミラーレス  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!撮影機材編 / コンパクトと一眼レフとミラーレス

コンパクトと一眼レフとミラーレスCameras

「カメラ」と一口に言っても、色々なカメラが販売されています。
どのカメラを選べば良いのか分からない・・・とお悩みの方も多いかと思います。
そこで、現在販売されている「デジタルカメラ」を3種類に分類して、その特徴をあげてみました。

コンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジタルカメラ

手に収まるくらいの小さなサイズのデジタルカメラになります。
ほとんどの物が、本体にレンズが収納されていて、写真を写す時にレンズが飛び出てくる仕組みになっています。
小さくて軽いので、旅行だけではなく日常に持ち歩くのにもとても便利です。
お値段は1万円〜4万円前後とお手頃価格のため、持っている人が多いカメラになりますので、持っている人が多いカメラではあります。
実際、ホームページやブログに写真を載せるために使っている人も多いと思います。
しかし、ネットショップなどで使ったり、コンテストに応募したり、本格的に写真撮影をしたい人にはおすすめ出来ません。
簡単操作と携帯性をコンセプトに作られていますので、絞りやシャッター速度などのマニュアル撮影に自由がきかないものがほとんどです。
ほとんどの機種でマニュアルモードは付いていますが、ホワイトバランスやフラッシュなど、画像エンジンや発光に関する設定しか手動で行うことが出来ません。

コンパクトデジタルカメラのメリット

  • ・価格が安い
  • ・小さくて携帯に便利
  • ・シャッター音が小さい(もしくは消す事の出来る機種もある)そのため、音を立てたくないような静かな場所での撮影が安易
  • ・動画撮影にも対応

コンパクトデジタルカメラのデメリット

コンパクトデジタルカメラのデメリット
  • ・小さいため持ち辛く、手ブレを起こしやすい
  • ・ボタンが小さくて扱い辛い
  • ・レンズの交換が出来ない
  • ・オートフォーカス(ピントを合わせる事)に時間がかかる
  • ・シャッター速度や絞りの設定が出来ない機種が多い
  • ・夜景がうまく撮れない(暗いところでの撮影が苦手)
  • ・動きのあるものを撮る時、タイムラグが発生する
  • ・液晶モニターが、周りが明るいと見えにくくなる。暗い場合は実際よりもきれいに見えすぎる

チェックポイント

  • ・接写(どこまで近付いて撮れるのか、確認しましょう)
  • ・ズーム(広角、望遠をどれだけカバー出来るのか確認しましょう)
  • ・測光パターン(測光パターンが複数あると、意図するライティング効果を得る事が出来ます)
  • ・実際の画像の色味(カタログやホームページで写真サンプルを見て、自分好みのものを選びましょう。パソコンに保存して、画像処理ソフトで修正をかける方法もあります)
  • ・光学式手ブレ補正機能(手ブレ補正が付いていてもブレてしまうことはありますが、手ブレ機能が付いている方が撮影において大変有利になります)
  • ・シャッター速度や絞りが出来るものを選ぶとなお良い

デジタル一眼レフ

デジタル一眼レフ

レンズ交換が出来るデジタルカメラになります。
その時々の状況に合ったレンズを選ぶと、コンパクトデジタルカメラとは比較にならないほど表現が豊かになります。
お値段は7万〜15万円前後となり、若干高めになってしまいます。
さらに、レンズは最初に付属されている物の他は、必要に応じて購入していくことになります。レンズの値段は2万〜10万円前後で、写真に凝れば凝るほどコストがかかります。
しかし、細かな表現力をもつ写真は、ネットショップ等での宣伝効果が高い物となります。

デジタル一眼レフのメリット

デジタル一眼レフのメリット
  • ・レンズ交換が出来る(適切なレンズが使用出来ます)
  • ・画像が高画質になる(写真の仕上がりがきれいになります)
  • ・ピントが合いやすい
  • ・ボケをきれいに作る事が出来る(被写体にピントがあって、背景をぼかした写真を撮るのは、コンパクトデジタルカメラでは非常に困難で難しくなります)
  • ・シャッター速度や絞りなど、自分好みに調節して撮影出来る
  • ・シャッター速度を遅く出来るので、夜景もきれいに撮れる
  • ・光学ファインダーの一眼レフの場合は、タイムラグがなく、動きのある撮影をしやすい

デジタル一眼レフのデメリット

  • ・本体価格が高い
  • ・レンズの費用がかかる(コンパクトデジタルカメラなら買わなくて良いマクロレンズなども、購入の必要があります)
  • ・大きくて場所を取る、重い。(ずっと肩にかけていると疲れてしまいます)
  • ・レンズ部分の収納が出来ない
  • ・レンズの持ち運びが必要
  • ・レンズ交換の手間、交換時にほこりが入らないように注意が必要
  • ・シャッター音が大きい
  • ・動画撮影には対応していない。また対応していても制限が多い。

チェックポイント

デジタル一眼レフチェックポイント
  • ・ゴミ除去(レンズ交換の際に入ってしまった小さなほこりを、振動で振るい落とす機能が付いているものを選びましょう)
  • ・高気密ボディ(防塵・防滴のものを選ぶと、風の日や運動会での砂埃や、ビーチや雨の日での撮影も安心です)
  • ・モニターが見やすいか(実際に店頭で、レンズを色々交換してもらいながら使ってみましょう)

ミラーレスカメラ(マイクロ一眼レフカメラ)

ミラーレスカメラ(マイクロ一眼レフカメラ)

デジタル一眼レフよりも、一回り小さなカメラになります。
女性の手になじみやすいサイズになっていて、携帯しやすいのが特徴です。
価格は、デジタル一眼レフより若干安い程度です。
近年、高角レンズ(広く写すレンズ)や、マクロレンズ(接近して写すレンス)なども販売され、まだまだ充分とは言えませんが、ネットショップで使う写真を撮る程度の環境は整ってきました。
ファインダーが付いていないため、望遠撮影は一眼レフと比べて手ブレする可能性が高くなります。また、動きのある物の撮影もファインダーを使った撮影の方が適しています。
(中には、電子ビューファインダーを内臓している機種や、外付けのファインダーを使う事の出来る機種もあります)

ミラーレスカメラと一眼レフの違い

  • ・サイズ、重さが一眼レフよりも軽い
  • ・シャッター音が小さい(機種によっては無音に出来るカメラも)
  • ・動画撮影が可能
  • ・動く物の撮影や、望遠での撮影は一眼レフに劣る。手ブレする可能性がある。(ほとんどの機種でファインダーが付いてないため)

ミラーレスカメラと一眼レフの違い

ミラーレスカメラと一眼レフの違い

本格的に写真を撮りたい人は、一眼レフカメラがおすすめです。
暗くても、明るくても、遠くても、近くても、動いているものでも、静止しているものでも、レンズやライトを買い足せば、撮影の幅が広がります。
思い出をきれいに残してくれる、最高の相棒になるはずです!
ただし、重たいのが難点です。日常でいつも持ち歩いて使いたいけれど、携帯電話のカメラでは物足りなくなってきた・・・。そんな方は、コンパクトデジタルカメラで充分機能を果たせると思います。

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.