デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 10:30~17:00(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

デジタルカメラとフィルムカメラの違い  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!撮影機材編 / デジタルカメラとフィルムカメラの違い

デジタルカメラとフィルムカメラの違い Difference

ひと昔前までは、カメラといえばフィルムカメラが主流でしたが、1995年頃から徐々にデジタルカメラが普及し始めたと言われています。
では、デジタルカメラとフィルムカメラの違いは何でしょうか。一番大きな違いとして挙げられるのは、画像を記録しておく方法。ここでは、両者のメリットやデメリットを踏まえながら、特徴について詳しく見ていきましょう。

デジタルカメラとフィルムカメラの違い

画像の記録方法

画像の記録方法

デジタルカメラとフィルムカメラを比較してみると、基本的な構造はよく似ています。どちらもカメラのレンズから入ってきた光を「シャッター」と「絞り」で制御して内部へ導くというもの。ただ、その記録方法に大きな違いがあります。デジタルカメラは、レンズから取り込んだ光を内蔵された「撮像素子」によって、電気信号に変換します。それをメモリーカードなどの記録メディアにデジタルデータとして記録します。
一方でフィルムカメラは、画像を化学変化でフィルムに記録します。フィルムに記録された像に薬品を使った処理を施す「現像」を行うことで、自分が撮影した画像を初めて見ることが出来るのです。

画像の確認方法

画像の確認方法

デジタルカメラのメリットとしても挙げられますが、フィルムカメラで撮影した画像が現像するまで確認出来ないのに対して、デジタルカメラは撮ったその場ですぐに確認することが出来ます。
そのため、何度でも撮り直しが可能。一方でフィルムカメラは、フィルム一枚に対して画像を一枚記録出来るので、一度シャッターを切ってしまったら撮り直しは不可能ということになります。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンスの点では、デジタルカメラのほうが勝っています。というのも、フィルムカメラの場合は、撮影の都度フィルム代や現像代などの経費がかかるから。デジタルカメラの場合は、初めにメモリーカードなどの記録メディアを用意しておけば、不要な画像を消去しながら何度でも繰り返し使えます。

デジタルカメラの特徴

デジタルカメラのメリット

デジタルカメラのメリット

デジタルカメラの最大のメリットは、撮影した画像をその場ですぐに確認出来ることではないでしょうか。失敗した不要なデータを削除し、何度でも撮り直すことが可能です。撮影した枚数が増えたからといって、ランニングコストがかかることもなく、むしろコストパフォーマンスが高くなると言えます。
また、フィルムカメラとは異なり、メモリーカードに記録したデータは半永久的に保存出来ます。
必要な画像だけをアウトプットすれば良いので、環境に優しいのもメリットの一つ。フィルムカメラのように「現像に出す」という手間が省けるために、プリントアウトするまでの時間もかからない点も大きなメリットだと言えるでしょう。

デジタルカメラのデメリット

デジタルカメラのデメリット

デジタルカメラのデメリットとして挙げられるのは、操作が難しいという点です。高機能なカメラになればなるほど、操作も難しく慣れるまでに時間がかかることも。フィルムカメラで撮影するのと同等の画素数を求めようとすると、価格が高くなるのもデメリットの一つです。
コンパクトなデジカメを使ったことのある方ならおわかりでしょうが、充電が必要なために長時間の撮影の際には、充電器や予備のバッテリーを携帯する手間もかかります。また、フィルムカメラと違ってデジタルカメラは、撮影した画像をカメラの内部で処理してから保存をするために、メモリーカードなどの記録メディアに保存する時間が多少かかることも。
使用するメモリーカードは、デジカメの機種によっても種類が異なるため、カメラ本体を買い替える際には使い回しが出来ない場合もあります。メモリーカードが壊れる可能性もゼロではありませんから、パソコンやCDなどにバックアップしておくことも大切です。

フィルムカメラの特徴

フィルムカメラのメリット

フィルムカメラのメリット

デジタルカメラと比べて、比較的安く手に入ることがフィルムカメラのメリットとして挙げられます。
デジタルカメラのように、最新の機種が良いということでもありませんから、高品質な中古のカメラを安く手に入れることも可能です。フィルムカメラのデメリットとしても挙げられるのですが、どんな画像が撮れたかをその場で確認することが出来ないために、現像から上がってくる時の楽しみもメリットの一つ。
「どんな写真が撮れたのか」という期待やワクワク感があるのは、フィルムカメラならではの魅力だと言えるでしょう。そのため、一枚一枚の写真を丁寧に、心をこめて撮影するということにも繋がるのです。
フィルムカメラの方が「温かみのある画像が撮れる」「雰囲気がある」といった点で、根強いファンがいるのも納得。また、デジタルカメラのように手間がかからないのも、フィルムカメラのメリットだと言えそうです。

フィルムカメラのデメリット

フィルムカメラのデメリット

フィルムカメラは、撮影枚数が増えるほどフィルム代や現像代などのランニングコストがかかります。フィルムは使い回しが出来ないため、一本使い切るとまた新しいフィルムを購入しなければなりません。
撮ったその場で画像を確認することも出来ないので、現像して写真の中に失敗したものが含まれている場合も。画像を現像して手に入れるまでの時間がかかることもデメリットの一つです。

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.