デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 10:30~17:00(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

初心者カメラ基本用語  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!初心者カメラ基本用語 / ISO感度とは

ISO感度とは Exposure

ISO感度とは、光を感じる感光部の光をとられる能力を数値化したものです。本来はフィルムの感度規格でしたが、デジタルカメラの感度も表すようになりました。
光りの当たり具合を調節するにはシャッター速度が重要ですが、早いシャッター速度でもISO感度を調節すればじゅうぶんに露出させることが可能です。つまり簡単に言うと、暗い場所でもISO感度を上げれば明るくて手ぶれの少ない撮影ができるのです。
ISO感度は一般的にIOS100〜6400くらいの数値で表されています。数値が大きいほど高感度な撮影が可能で、機種によってはISO感度10万越えという超高感度撮影のできるカメラも登場しています。

ISO感度の上げすぎに注意

ISO感度とは

画質にこだわる場合の注意点として、ISO感度の上げすぎに気をつけましょう。ISO感度を上げれば上げるほどノイズが多くなり画質が悪くなります。コンパクトデジカメでISO400以上、デジタル一眼レフカメラでISO800くらいまで上げると、暗い部分の画質が少しずつ悪くなります。夜間撮影などで手ぶれが気になる場合は、ISO1600程の撮影で許容範囲内の画質で撮影が可能に。また、三脚を使えば、ISO感度を下げて、ゆっくりとしたシャッター速度にすることで高画質撮影もできます。

高ISO感度は暗い場所ほどノイズが目立つ

ISO感度を上げるとノイズが出やすくなり、暗い場所ほどノイズが目立つ傾向にあります。明るい場所では目立ちにくので高速シャッターが必要なときは、ISO感度を上げるだけで十分な撮影が可能になります。

常用ISO感度と拡張ISO感度の違いとは

常用ISOとは、ある一定基準以上の画質が期待できるISO感度のもの。拡張ISOとは常用ISOよりも感度を上げることができるが、普段はあまり使わないレベルのもの。各カメラメーカーでこのように認識されています。

全自動モードカメラ

全自動モードのカメラでは、難しいISO感度も周りの明るさやモードに応じて自動的に設定してくれます。
ISO感度を手動で調整したい場合は、小さい物から撮影していき手ぶれが気にならないくらいまで徐々に上げていくと撮影も上手くいくようになります。

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.