デジカメを使って沖縄の素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「沖縄フォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 12:00~17:00
[定休日]:月曜日・火曜日(祝日の場合は営業)/年末年始

初心者カメラ基本用語  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!初心者カメラ基本用語 / 露出とは

露出とは Exposure

露出とは、撮像素子やフィルムに光を当てることです。露出を調整することで明るい屋外でも暗い写真に、室内の暗い場所でも明るい写真にすることができます。シャッター速度と絞りの関係で、写真の仕上りが決まります。これらが適切な条件で撮影されたものを適正露出といいます。

露出を決定するシャッター速度と絞りの値

露出とは

シャッター速度と絞り値(F値)で写真の明るさを左右する露出が決まります。
シャッター速度とは、シャッターが開いている時間のことです。シャッター速度を速くするとシャッターが開いている時間が短くなるため、光が撮像素子に当たる時間が短くなり暗い写真になります。逆にシャッター速度を遅くすると、光が撮像素子に当たる時間が長くなり、明るい写真になります。
絞り値とは、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさのことです。絞り値が大きくなると、撮像素子上に写る像が暗くなり暗い写真に、逆に絞り値が小さくなると像素子の上に写る像が明るくなり明るい写真になります。

露出のアンダーとオーバー

露出アンダーとは、シャッターを開いてすぐに閉めて撮影した為に、暗く写ってしまった写真のことを言います。シャッターを開いていた時間が短く、十分な光が当たらないまま撮影してしまうと露出アンダーになってしまいます。
露出オーバーとは、アンダーとは逆にシャッターを閉めるのが遅れてしまった為に、白っぽくまぶしい写真になることを言います。シャッターを開けていた時間が長く、光が当たる時間が長すぎたまま撮影してしまうと露出オーバーになってしまいます。

露出の仕上りについて

露出に関わってくるものとしてシャッター速度、絞り、ISO感度があります。これらの組み合わせにより、写真の仕上りが大きく変わってきます。絞りを絞り込めばシャープな写真に仕上がり、絞りを開ければボケの強い写真に仕上がりやすくなります。組み合わせは何通りもありますが、うまく組み合わせを調整できれば、同じアングルでも全く違った写真に仕上げることができます。

適正露出機能

普段撮影しているデジカメやスマホには適正露出機能(AE)が備わっているため、シャッターを押すと、周りの明るさなどから判断して適正な明るさになるように調節してくれます。これらにも手動で露出を操作する機能もついているので、慣れてくるとわざと明るくしたり、暗くしたりすることもできます。

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.