デジカメを使ってハワイの素敵な写真をみんなで楽しく撮影しよう「ハワイフォトレッスン」

B.I.C Bridges for International Communication

050-5@807-3410[受付時間] 10:30~17:00(定休日:年末年始)

808-369@-8080[受付時間] 9:00〜17:00(ハワイ時間)

初心者カメラ基本用語  メインイメージ

HOME / これであなたもフォトグラファー!初心者カメラ基本用語 / 写真に大切「構図」

初心者カメラ基本用語 写真に大切「構図」Basic term

初心者カメラ基本用語 写真に大切「構図」

構図とは
構図とは、メインの被写体や写真全体がまとまって見えるよう画面を構成すること。この構図はもっとも重要で、もっとも難しいと言えます。ただ、目の前の被写体を撮影したところでいい写真は残せません。近年SNSの普及で写真を撮影する機会はグンと増えたのではないでしょうか。いい写真には決まって構図の法則があります。法則を知っているかそうでないかでは、雲泥の差が生じることも。基礎の構図は良い写真を撮影する近道でしょう。

構図の法則

構図の法則

構図の法則には、さまざまな方法があります。初心者でも、簡単に取り入れることが可能な基本の法則をお伝えします。

【三分割法】
写真に縦横2本で均等に分割する法則を「三分割法」と言います。さらに縦横分割し交わる交点が「分割点」となります。この分割点にメインの被写体を置くだけで見やすい写真が完成。この簡単な法則を知っているだけでも見やすい写真が撮影できます。まずは、三分割法をマスターするよう心がけましょう。

【遠近法構図】
視線を集めて、奥行きを出す法則を「遠近法構図」と言います。この視線を集めた無限遠点を「消失点」と言い、この法則によって写真全体の遠近感や立体的な雰囲気が表現可能に。さらに三分割法に消失点を組み合わせるとさらにまとまりのある美しい構図が完成します。

【曲線構図】
S字やC字の曲線上に被写体を合わせ、バランスよく撮影する法則を「S字構図」「C字構図」と言います。道路や波、草木の高さにこの曲線構図を使うことで、流動的な雰囲気が伝わりやすい写真を撮影できるでしょう。

【対比構図】
メインにしたい被写体を強調したい際に、対比する位置に他の被写体を入れ撮影する法則を「対比構図」と言います。被写体を大小で表現すると動きのある写真に。選んだ題材によっては、ストーリー性が生まれる作品になるかもしれません。

前景を使った構図

前景を使った構図

撮影に夢中になると、どうしても被写体ばかりに目が行きがち。法則を取り入れて撮影するのはもちろんですが、さらに上級なテクニックを用いて撮影してみましょう。前景・中景・後景を表す構図作りを心がけることで、被写体に奥行きが表現できるようになります。前景があるだけでも、奥行き感が増してメインの被写体を引き立ててくれます。

構図に関わるアイテム

構図に関わるアイテム

構図に大切なアイテムとして「三脚」は欠かせません。例えば、S字構図を使い動きのある写真を撮影したい場合、シャッタースピードを遅くする必要があります。その場合、手持ちで撮影すると手ブレするので、残念な出来栄えに。手ブレやカメラの機能をうまく使うには、三脚という強い味方をフル活用してください。きっと満足した写真が撮影できるはずです。

レッスン日程・お知らせ

フォトレッスンブログ

これであなたもフォトグラファー!
撮影テクニック編

これであなたもフォトグラファー!
撮影機材編

これであなたもフォトグラファー!
初心者カメラ基本用語

これであなたもフォトグラファー!
ハワイフォトポイント

Copyright © HAWAII PHOTO LESSON. All Rights Reserved.